FC2ブログ
TOP > 丹波屋 おはぎ
 ← 原田桜怜 ブログ | TOP | 第26節

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


丹波屋 おはぎ 

2007年09月23日 ()
eulyCa:朝:炊きこみごはん、天ぷら、おはぎ 昼:バームクーヘン 夜 ...
朝:炊きこみごはん、天ぷら、おはぎ 昼:バームクーヘン 夜:ねぎとろ丼、いかげそ、牛乳プリン.(続きを読む)


暑さ寒さも「おはぎ」まで
昔から「暑さ寒さは彼岸まで」って言いますものね。 ちょうど天気予報でも、関東は明日から涼しくなると言ってますし(ほんと?) いよいよ本格的な秋到来、でしょうか。 我が家はお彼岸といえばとりあえず「ぼたもち」と「おはぎ」(笑) ...(続きを読む)


お彼岸には、おはぎ
「おはぎ」、「ぼたもち」の違いをご存知でしょうか? もともと春の花「はぎ」、秋の花「ぼたん」からきていて春のお彼岸に食べるのが「おはぎ」 秋のお彼岸に食べるのが「ぼたもち」とわけられていたそうです。 現在は一年中「おはぎ」という名前で販売 ...(続きを読む)



お恥ずかしいのですが、私は22歳女性で身長155センチ・体重70キロあります。これま...
お恥ずかしいのですが、私は22歳女性で身長155センチ・体重70キロあります。これまで、何度も痩せようと試みるものの、自分の意志の弱さのため努力が足りず、痩せられませんでした。来春から新社会人となるので、この転機に心身ともに自分を変えたいと思い、ダイエットを始めようと決めました。1日8~10kmを2時間弱かけて、歩いています。食生活は1日3食、野菜や大豆などを中心に摂るように心がけています。標準体重より、かなり多いので、時間はかかることは承知なのですが、このような私の場合どのようにダイエットを進めていけば良いでしょうか。改善したり、実践すべきことなど、何でも結構ですので是非教えて下さいm(..)m どうかよろしくお願い致します。(続きを読む)


先日、祖父が亡くなり、通夜、翌日に告別式・火葬・お寺参り・お墓参り・初七日法...
先日、祖父が亡くなり、通夜、翌日に告別式・火葬・お寺参り・お墓参り・初七日法要を行いました。私が結婚してからは一緒に住んでいませんでしたが、長年同居した祖父でした。この間の告別式の時には、お香典を夫の名前で一万にし、私は孫一同でお花とお供え物をしたので、後日その代金を出すと両親と相談して決めたのですが、実家に行った時に両親に出さなくていいよと言われました。でも、祖父のために孫の私が何もしないのは・・・と思い、二万置いてきました。これで良かったのかどうかもわからなく、今後、二七日(十四日目)と三七日(二十一日目)を一緒に、四七日(二十八日目)と初月忌と五七日(三十五日目)を一緒にお参りだけ実家で行う事になっているのですが、その際には何を持参してよいかわかりません。六七日(四十二日目)と満中陰(四十九日目)を一緒に行うときは、会食がありますのでお金を包んだ方が良いと思うのですが、いくらぐらいが良いのかもわかりません。(夫と0歳児の3人で出席予定です)また、家でお参りだけの時も喪服は着用した方が良いでしょうか?嫁いだ身ですので、実家ですがきちんとしなければと思うのですが、何分知識が全くありません。こういった事に詳しい方、どうか教えてください。(続きを読む)


嫁さんが産後で、母乳の栄養、母乳のよく出る料理(食材)があれば教えて頂きたいの...
嫁さんが産後で、母乳の栄養、母乳のよく出る料理(食材)があれば教えて頂きたいのです。よろしくお願いします。28歳双子を抱えるお父さんです。(続きを読む)



深まる秋 彼岸の入り
十勝毎日新聞
普段はひっそりとしている市内の緑ケ丘墓地にも、次々と市民が足を運んだ。5年前に夫を亡くした市内の高薄幸子さん(86)は家族3人と墓前を訪れ、「お父さんまた来たよ。甘いもの好きだったでしょ」と手作りのおはぎを供えて手を合わせていた。 ...(続きを読む)


金沢に新業態の海鮮丼店 ホクト、11月に1号店
富山新聞
スタッフは全員女性で、パートの時給は、県内の飲食店の標準より二割程度高い千円に 設定。「従業員教育を徹底し、質の高い接客を目指す」としている。営業時間は午前十一 時から午後十一時。メニューにおはぎも加え、喫茶利用も見込んでいる。年間売上は一億 二千万円を ...(続きを読む)


百寿にまなべ!<中>化粧品店主の「おしんさん」 ふるさとの力 いろいろ食べて働いて
中日新聞
農家の人がたくさん入院していて、おすそ分けのおはぎなどをいつも頂いてたら、すぐに良くなって…」 若月院長は住民の健康管理を重視する「暮らしの中の医療」を実践。昭和四十年代からは、住民主体の保健補導員が減塩運動や一部屋暖房運動を進め、同市の脳卒中の死亡率を ...(続きを読む)



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.23(Sun) 11:27] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 原田桜怜 ブログ | TOP | 第26節

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。